マネー金スカイウォーカー

今までの人生での経験談をベースに

MENU

沢尻エリカの麻薬疑惑逮捕をはじめ、芸能界で薬物問題がはびこる理由

今回は「麻薬取締法違反の疑いで逮捕された沢尻エリカをはじめとする、芸能界での薬物依存問題の原因」について考えたいと思います。

 

この度、芸能人の沢尻エリカが麻薬取締法違反の疑いで逮捕されましたね。

 

この報道を見た一般人は、驚いたという反応から、やっぱりやると思っていた、という反応まで、様々でした。

 

沢尻エリカは以前も薬物依存の疑いがかけられており、日本のメディアから一度姿を消していた時期がありました。

 

謝罪会見の場で謝罪コメントを求められた際の「別に…」発言が注目を浴びたりもしていましたからね。

 

しかし、それから心を入れ替えて、最近では以前見られたような横暴な態度はなく、清純派女優として徐々に復活してきていました。

 

来年2020年度には大河ドラマ「麒麟が来る」で、重要な役どころである斎藤道三の娘・帰蝶を演じることが決まっていたりなど、女優としての期待も取り戻しつつありました。

 

ところが今回、このような形で逮捕されることになったため、代役を用意して撮り直しをしなければならなくなるでしょう。

 

このように、今回の沢尻エリカの薬物所持の疑いによる逮捕だけでなく、元ジャニーズの田口やピエール瀧など、最近の芸能界では薬物関連のニュースが多くなってきました。

 

おそらく、今までも芸能界では薬物の流通があったと思うのですが、有名芸能人の逮捕をはじめとした捜査の拡大を発端として、次々に芸能界の闇が明らかになってきたのでしょう。

 

では、なぜこれほどにも芸能界での薬物問題が次々に発生しているのでしょうか。

 

これには、芸能界において薬物の売買に触れる機会が多いことだけではなく、また別の理由がある可能性が高いです。

 

今回の記事の内容

・沢尻エリカの逮捕に対する世間の反応

・芸能界はなぜ麻薬が絶えないのか

・芸能人はなぜ麻薬に手を出すのか

 

 

1. 沢尻エリカの麻薬保持疑いの逮捕に対する世間の反応

 

f:id:tokiotokonanawariG1:20191116171831j:plain

 

今回の沢尻エリカの逮捕に対する世間の反応の例です。

 

きましたね。以前からも疑惑がありましたが、あまり驚きはないですね。

別にとはいっても言えないでしょう。大河も決まっていたのに今回こそ芸能界終了ですね。

正直、やっぱりと思うのだが…前の旦那との旅行でも噂されていたからね。

復活しつつあったのにものすごく残念…太宰治では妖艶で美しい沢尻さんに心奪われました。

ピエール瀧さんあたりから芸能界を浄化する流れになってきましたね。

 

薬物根絶に向けての道のりはまだまだ長いと思いますが、著名人の逮捕は抑止力にもなると思うのでこれからもこの流れが続くことを願います。

 1リットルの涙の感動的な演技があったから、別に…発言があってもずっと応援してたけど、この一件はがっかりしました。

 

もちろん、作品に傷はつかないと思いますが、あの時の純粋な気持ちを思い出してほしいです。執行猶予だったとしても、しっかり反省してください。

 

「予想通り」という反応から、「ファンだったからがっかりした」という反応まで、様々ですね。

 

私も1リットルの涙をきっかけに好きになり、それ以降も彼女の情報を追っていたのですが、やはり残念です。

 

最近芸能人生を見直して更生していたと見えただけに、なおさらショックが大きいですね。

 

2. 芸能界で麻薬が絶えない理由とは

 

f:id:tokiotokonanawariG1:20191116171906j:plain

 

今回は沢尻エリカの薬物疑いの逮捕でしたが、芸能界ではまだまだ薬物関連の問題が存在しています。

 

最近は徐々に薬物依存の闇が明るみに出てきていますが、やはりまだ氷山の一角でしょう。芸能界で一斉捜査を行なえば、続々と出てくると思います。

 

では、なぜ芸能界で薬物の使用が根絶しないのでしょうか。

 

これには以下の要因が考えられます。

 

①精神的問題

②場所の問題

③金銭的問題

④知名度の問題

 

以下、要因の可能性の高さを★の数で表したいと思います。

 

①精神的問題★★★★☆

芸能界は常に人から見られる職業です。他人からの評価がすべてと言っても過言ではありません。

 

テレビに出ている時の発言や行動や仕草はもちろん、プライベートですら少しでも気を抜けば叩かれる始末です。

 

また、SNSでの発言でも、一般人であれば何も思われない投稿であっても、芸能人であれば炎上してしまうということも多々あります。

 

芸能人はとにかく周りからの評価を常に意識して生きていかなければなりません。

 

また、俳優となると、その作品の役ごとに性格を作らなければなりません。その性格作りのために、普段の生活もその役の生活習慣や考え方に合わせたりする俳優さんも多いそうです。

 

つまり、ストレスフルな毎日かつ、感情の起伏が激しい日常を長年送っているのです。さらに、人間の感情の恒常性において、睡眠や規則正しい食生活というものは必要不可欠です。

 

人間は睡眠バランスや食事バランスが不安定な生活を続けると、ネガティブ思考になるように設計されています。これは脳科学的にも立証されています。

 

そのため、芸能人のような不規則な生活は、精神を追い詰める原因にもなり得るのです。

 

つまり、芸能生活というのは、常に精神を追い込まれ得る生活なのです。

 

②場所の問題★★☆☆☆

芸能人の多くは、六本木や麻布周辺に住んでいるそうです。そして、この六本木や麻布周辺は、麻薬売人の拠点でもあります。

 

つまり、単純な接触機会が他の地域に比べて高いのです。接触回数の母数が増えれば、当然母数の少ない人に比べて、購入する可能性も増えてきます。

 

ただ、これはあくまで確率の話なのでボトルネックとは言えないでしょう。

 

③金銭的問題★★☆☆☆

麻薬は高額で取り扱われているそうですね。そのため、金銭的に余裕がないと手を出してみようとも思いません。

 

私たち一般人にとってはそんなものよりも、明日の晩御飯の材料を買った方がよっぽど有意義ですからね

 

つまり、そこに課金してもいいと思えるほどの金銭的余裕がなければ、手を出してみようとなかなか思わないのです。

 

④知名度の問題★★★☆☆

こちらも要因としてはそこそこ大きいと考えられます。やはり知名度があると、それだけ売人からの接触行動も増えてきます。

 

特に、芸能人の場合常に性格や普段の生活を公開していたりする人もいるため、この人は買わせやすい性格の人間だな、という判断をされて売人が接触してくる可能性も考えられます。

 

以上のように、芸能人が麻薬に手を出してしまう原因には「精神上の問題」「接触機会の高さ」が大きい要因になるのではないでしょうか。

 

お金に関しても、人間の幸福度曲線では持ちすぎると満足度が低下してしまうというデータがあります。

 

これはおそらく、金銭的な好奇心の低下による虚無感が原因でしょう。虚無感は精神に大きな負担をかけます。そのため、巨額すぎるお金も要因の一つになるのではないでしょうか。

 

3. まとめ

 

f:id:tokiotokonanawariG1:20191112210753p:plain

 

今回の沢尻エリカの麻薬疑惑による逮捕は非常に残念なものでしたが、そもそも芸能界や芸能人の生活の仕組み上、一般人よりも麻薬に手を出してしまう要因が非常に多いです。

 

うつ病の例とは少し違うと思いますが、精神というものはいくら本人が気をつけていても、どうしようもないケースがあります。

 

その精神が追い込まれている時に、麻薬の購入のハードルが低ければ、つらい状況から逃げるように設計をされている人類はつい手を出してしまいます。

 

これは気合の問題とかではなく、そもそもの体の構造の話でもあります。

 

そのため、本人の意識ももちろんですが、本当に重要なのは手を出しやすい状況を作り出している今の芸能界の仕組みを改変すること、ではないでしょうか。