マネー金スカイウォーカー

今までの人生での経験談をベースに

MENU

ゆきぽよが腹膜炎で緊急搬送!?実は皆の身近に存在する危険の正体は

今回は「ゆきぽよが腹膜炎で緊急された原因と、実はその原因と危険性が皆さんの身近に存在する可能性」について紹介したいと思います。

 

TBSの医療バラエティ番組「名医のTHE太鼓判!」で”ゆきぽよ”こと木村有希(23)が緊急搬送されたことが明らかになりましたね。

 

ゆきぽよさんと言えば、バチェラー1でその天真爛漫で純粋な性格が人々の好感を呼び、その後も次々とテレビ番組に出演するようになったギャルモデル兼タレントです。

 

僕もバチェラー1を見ていた時の一番のお気に入りはゆきぽよさんでした(笑)。

 

そんな天真爛漫で純粋な性格のギャルというイメージのゆきぽよさんですが、芸能界で生き残っていくプレッシャーやストレスのせいなのか、私生活はかなり乱れていたようです。

 

浴びるようにお酒を飲んでいたり、激辛の料理を完食したりと、体に刺激の強い生活を続けていたそうで、周りの芸能人の方も心配していたそうです。

 

そして案の定、不摂生な生活がたたったのか、突然の腹痛を訴えて深夜に緊急搬送されました。

 

搬送先の病院での精密検査の結果、腹膜炎であることが判明しました。

 

ゆきぽよさんの場合は不摂生が腹膜炎の原因になったのですが、実はこの腹膜炎は意外と皆さんの身近に存在するかもしれない疾患なのです。

 

今回は、ゆきぽよさんの不摂生な生活と腹膜炎の関係、そして意外と身近に存在する腹膜炎の原因について紹介したいと思います。

 

今回の記事はこんな方にオススメ

・ゆきぽよが搬送された原因の腹膜炎って何?

・腹膜炎の原因が実は身近に存在するって?

・腹膜炎を予防する方法とかってあるの?

 

 

1. ゆきぽよ緊急搬送に対する世間の声

 

f:id:tokiotokonanawariG1:20191111095331j:plain

 

今回のゆきぽよさんの腹膜炎による緊急搬送への世間の声は以下のようなものがあります。

 

今からそんな飲み方をしていたら長生きできません。治療した後禁酒とはいかなくてもまずは節酒した方がいいと思う。

キャラ作りのためにストレス抱えたりしてるのかな?健康第一で頑張ってほしい。

この子に何の需要があってテレビによく出てるんだろ?!事務所の力が強いのかな?

若気の至り的ノリで生きって飲んでるうちはまだ引き返せる。

 

ストレスの発散とか飲まないと眠れないからとか、アルコールを何かの問題の解消のために利用する感覚になってきたらヤバイ。

 

体に問題が出てもやめられなくなってくる。体、大事にしないと。

分かるよ。若い頃の、悪カッコいい的な天然装う感じちょっと気持ちいいかも。けど年取ると反省しちゃうんだね。

 

体、時間、お金、信頼、友達、大事にしてください。

 

辛辣なコメントから応援や励ましのコメントまで、様々です。やはり不摂生な生活に対する意見が多い様子です。

 

たしかにテキーラの一気飲みを繰り返したり、激辛の食べ物を摂取し続けることは自分の意識で避けられることなので、自業自得ではありますね。

 

しかし、一言で不摂生な生活とは言っても、どのラインからが不摂生なのか、どこまでいくと体に影響が出てきてしまうかのラインが明確ではありません。

 

そのため、もしかしたら普段から気を付けているという人も、同じケースに陥る可能性がゼロではないかもしれません。

 

では、どこからが不摂生で、今回のゆきぽよさんのように腹膜炎につながってきてしまうのでしょうか。

 

2. ゆきぽよの不摂生と腹膜炎の関係とは

 

f:id:tokiotokonanawariG1:20191111095516j:plain

 

ゆきぽよさんの最近の生活スタイルは以下であったそうです。

 

ゆきぽよの不摂生な生活

■アルコールの過剰摂取

■不規則な睡眠バランス

■栄養バランスのとれていない食事

■過剰に辛い食べ物摂取

 

この記事を読んでいる方の中にもこの内のどれかは当てはまっている、という方がいるのではないでしょうか。

 

 では、次は腹膜炎についてです。腹膜炎とはどんな疾患なのでしょうか。

 

腹膜炎とは

腹膜炎は、何らかの原因により腹膜に炎症が起きる疾患のことです。以下は腹膜について示した図と、腹膜の簡単な説明です。

 

f:id:tokiotokonanawariG1:20191111110711p:plain

 

 この腹膜に何らかの原因で炎症が生じると、腹膜炎になるのです。

 

では、「腹膜炎」とはどのような疾患なのでしょうか。また、腹膜に炎症が生じる「何らかの原因」とは何なのでしょうか。

 

~腹膜炎~

腹膜炎には2種類存在しており、それぞれ「慢性腹膜炎」「急性腹膜炎」と呼ばれています。

 

また腹膜炎には、局所的に痛む「限局性の腹膜炎」と、全体的に痛む「汎発性の腹膜炎」が存在します。

 

つまり、腹膜炎には以下の計4種類が存在することになります。

 

f:id:tokiotokonanawariG1:20191111114655p:plain

 

一般的に、局所的に痛む「限局性腹膜炎」よりも、全体的に痛む「汎発性腹膜炎」の方が痛いと言われています。

 

また、慢性腹膜炎の場合は2か月間ほどにわたり、軽~中程度の腹痛と微熱の波が生じるのに対し、慢性腹膜炎の場合は急に激痛と発熱が生じます。

 

放っておくと最悪の事態も考えられるため、急性腹膜炎の疑いがある場合はすぐに病院に駆けつけましょう

 

~何らかの原因~

腹膜炎を発症してしまう「何らかの原因」は大きく分けると以下①~③の3つに分けられます。

 

①腹部臓器に穴があく

腹膜炎の原因の7~8割がこの「腹部臓器に穴が開いてしまうこと」であると言われています。この原因により腹膜炎が発症する原理は以下です。

 

1)初期段階

胃や小腸、大腸といった腹部の臓器に穴が開き、食べた物や便が腹膜に漏れ出てしまい、この漏れ出た食べ物や便が腹膜を刺激することで腹膜が炎症を起こします。

 

2)次のステップ

腹膜内に漏れ出た食べ物や便に含まれている細菌が腹膜内で増殖します。腹膜には体液を吸収したり分泌したりする働きがあるので、細菌ごと体液を吸収してしまいます。

 

その結果、吸収された細菌は血管中に取り込まれてしまいます。さらに、この取り込まれた細菌は血管中で毒素を発生します。

 

この毒素を感知して免疫システムが働き、白血球が出動します。この時に、体が細菌を何とかして駆除しようとして発熱をします。

 

腹膜炎の人から白血球が異常に検出されるのはこれが理由なのですね。

 

②腹部臓器の炎症の波及

これは、腹部に存在する胃や小腸や大腸のような臓器の炎症が、腹膜まで伝わってきてしまうことで生じる腹膜炎です。

 

例えば、盲腸や腸閉塞等、腹膜付近で炎症が生じている時に放っておくと、その炎症が腹膜まで広がってきてしまいます。

 

③腹部臓器のがん転移

これは胃や大腸などの腹部臓器に存在するがん細胞が、腹膜まで移動してきて増殖した時に生じます。

 

がんはある臓器で一定量まで増殖すると、自身で毛細血管を作り出して移動をする性質があります。そのがん細胞の転移が原因となります。

 

www.moneykinskywalker.jp

 

ゆきぽよの場合

ゆきぽよさんの場合、精密検査をしたところ白血球の異常発生が確認されたとのことでした。

 

つまり、細菌が増殖したことにより、白血球の免疫応答が起こった可能性が高いということです。

 

おそらく、アルコール度数の高いお酒や、激辛の食べ物、過度なストレス等により胃腸が傷ついて穴が開き、そこから食べ物や便に含まれる細菌が漏れ出たのが原因ではないかと考えられます。

 

これほどの生活をしていると、腹膜炎が生じるのもうなずけます。

 

しかし、実はこれほどの不摂生をしていなくても、腹膜炎になってしまうケースはあるのです。

 

3. 意外と身近に存在する危険

 

f:id:tokiotokonanawariG1:20191111095929p:plain

 

腹膜炎は、直接腹膜に炎症が生じなかったとしても、腹部疾患から波及してくることがある疾患です。

 

そのため、いくら本人が気を付けていたとしても、原因となるものが多すぎるので、知らない間に…ということもあります。

 

例えば、今回のゆきぽよさんのケースのように「度数の高いお酒」や「激辛の食べ物」のような、化学的に考えても影響がありそうなものを過度に摂取していた場合は、原因が明らかなので対処できます。

 

しかし、ストレスによる胃腸の粘膜生産の低下が原因で生じるものについては、本人が気づいていないケースがあります。

 

特に責任感が強い方などや、自分はストレスに強いと思っている方は、ストレスを我慢してしまう傾向があるため、限界までストレスに耐えようとしてしまいます。

 

その結果、活性酸素種による胃腸への負担により、胃腸が傷ついてしまい、腹膜炎にまで発展してしまう可能性もあります。

 

大切なのは「体の健康」だけでなく「心の健康」も同時にケアしてあげることです。

 

どちらかが欠けると、必ず連鎖してもう片方にも影響してきます。

 

そのため、「不摂生な生活をしていないから私は大丈夫」ではなく、今の自分のストレスともしっかり向き合ったうえで本当に大丈夫なのかどうかを判断してみて下さい。

 

3. まとめ

 

f:id:tokiotokonanawariG1:20191109211831j:plain

 

今回はゆきぽよさんの不摂生な生活がたたり、腹膜炎が発症したケースでしたが、もしかすると明日は我が身かもしれません。

 

今のストレス社会は、自分が気を付けていたとしても、どうしようもないケースもあります。

 

ストレスによるうつ病患者やうつ予備軍の割合も昔と比べると急増してきました。

 

今後私たちが本当に気を付けるべきなのは「過度にストレスを感じる環境を変える勇気を持つように行動すること」なのかもしれませんね。

 

今回は以上です。

 

以下はストレス社会が胃腸に影響してきた人向けの記事です。

 

過敏性腸症候群やお腹の張りの原因や対策について書いていますので、もし興味があれば是非ご覧ください。

 

www.moneykinskywalker.jp

 

www.moneykinskywalker.jp