マネー金スカイウォーカー

今までの人生での経験談をベースに

MENU

口内細菌?胃腸の乱れ?気になる口臭の原因とその対策方法を徹底紹介

 

 

皆さんこんにちは。

 

人と話す際、自分の口が臭くないか不安になることがありますよね。特に、対面で距離が近い時など、つい口に手を当てて臭いをごまかしたくなります。

 

本日は、この「口臭」の原因・原理とその対策について説明したいと思います。

 

今回の記事はこんな方にオススメ

・最近口臭が気になるけど、何が原因なんだろう...

・一時的ではなく根本的に口臭を直したい!

・明日デートだけど、口臭が心配...

 

 

 

 

1. 口臭とは

 

f:id:tokiotokonanawariG1:20190924114023j:plain

 

まず、口臭は大きく2種類に分けられます。

① 口内のにおい成分が口臭として出ている場合

② 口以外のにおい成分が口臭として出ている場合

 

どちらも口臭の原因なのですが、①はすぐに対策ができるのに対し、②は長期的な対策が必要です。なぜなら、①は口内の細菌が主な原因である一方で、②は体の消化機能や代謝機能が原因だからです。

 

上記を踏まえたうえで、「口内のにおい成分が口臭として出ている場合」の原因と対策、「口以外のにおい成分が口臭として出ている場合」の原因と対策について説明します。

 

2. 口臭の原因が口内の場合

≪口内由来の口臭の原因≫

口臭が口内由来の場合、原因は「悪性口内細菌」です。悪性口内細菌の中でも有名なのが、歯周病菌としても知られる”ジンジバリス菌”です。この菌は、歯茎周りの食べカスや舌苔(ぜったい:舌の表面の白いやつ)のタンパク質をエサとして分解し、揮発性硫黄化合物を発生します。

 

揮発性硫黄化合物は、卵の腐ったような臭いや生ごみのような臭いがする気体であり、これが口臭の原因です。

 

ジンジバリス菌が増殖すれば、口内の食べカスやタンパク質を分解して発生する揮発性硫黄化合物の量も増加するため、口臭が悪化します。つまり、口臭を防ぐためには、悪性口内細菌の増殖を抑制する必要があるんですね。

 

では、悪性口内細菌の増殖を防ぐにはどうすればいいのでしょうか。これを説明する前に、唾液の役割について少し学んでおきましょう。

 

唾液の役割

唾液は口の中を潤すだけでなく、抗菌機能も持っています。よく「寝ている間は唾液の分泌が少ないから虫歯になりやすい」と言いますよね。これは、唾液分泌量の低下により、抗菌作用が低下しているからなのです。

 

では、唾液の抗菌作用とは何なのでしょうか。

 

実は唾液には「リゾチーム」と呼ばれる溶菌酵素が含まれています。細菌がこのリゾチームに接触すると、細菌の細胞が弱っていき、最終的に細胞が破裂して死滅します。このリゾチームは鼻水や唾液や涙など、外気と触れる部位の粘液に含まれており、外部からの細菌の侵入を阻止しています。

 

しかし、リゾチームはどの細菌にも効くわけではありません。以下の図をご覧ください。

 

f:id:tokiotokonanawariG1:20190924141533p:plain

 

細菌には「グラム陽性細菌」と「グラム陰性細菌」の2種類が存在します。グラム陽性細菌は細胞膜と、ペプチドグリカン層と呼ばれる堅い層で覆われた細菌であり、グラム陰性細菌は、さらにペプチドグリカン層の外側に外膜を有しています。また、細菌はペプチドグリカン層が壊れると、細胞自体が破裂して死んでしまう性質を持っています。

 

唾液などに含まれる溶菌酵素「リゾチーム」は、細菌のペプチドグリカン層を破壊する酵素です。そのため、リゾチームによってペプチドグリカン層を破壊された細菌は死滅します。

 

この事実を知ったうえで上図を見てみましょう。グラム陽性細菌の場合はペプチドグリカン層が露出しているため、リゾチームで死滅します。一方、グラム陰性細菌の場合、ペプチドグリカン層の外側に外膜が存在するため、リゾチームの効果が薄くなります。

 

このように、細菌の種類によっても唾液の効果が変わってきます。

 

口内悪玉菌はグラム陰性細菌であるため、リゾチームで完全に死滅しません。死滅はしませんが、弱らせることはできます。そのため、細菌を死滅させて劇的に減らすことはできませんが、増殖の抑制はできるのです。これが、人間の口内での唾液の働きです。

 

口臭のサイクル

 

f:id:tokiotokonanawariG1:20190924150636p:plain

 

これは人間の生活サイクルと口臭の臭いレベルをグラフ化したものです。赤いボーダーラインを超えている領域は、口臭レベルが高い、不快な口臭を表しています。

 

グラフを見るとわかる通り、唾液分泌量の少ない就寝時や空腹時に口臭レベルが上がっています。逆に言えば、唾液さえしっかり分泌されていれば、口臭は抑えられるということです。

 

≪唾液が分泌される条件≫

◆食べ物や飲み物を摂取した時

⇒唾液中には、デンプン分解酵素やタンパク質分解酵素等が含まれているため、食べ物を消化する目的で唾液が分泌される

 

≪口内由来の口臭の対策≫

 前述の通り、口内由来の口臭を治す方法は「口内悪玉菌の増殖を抑制する」か「唾液の分泌を促す」かです。上記を考慮した口臭対策が以下です。

 

・寝起き、食前、就寝前の歯磨き(舌も磨くこと)

・空腹時はガムを噛むことで唾液の分泌を促す

 

 

 

3. 口臭の原因が口以外の場合

≪口以外由来の口臭の原因≫

 

f:id:tokiotokonanawariG1:20190924154355j:plain

 

口臭の原因が口以外の場合、考えられる要因はたくさんあります。その中でも大きい要因が「腸内細菌叢の乱れによる有毒ガス発生」「栄養不足によるケトン体発生」です。

 

腸内細菌叢の乱れによる有毒ガス発生

腸内細菌には悪玉菌と善玉菌がおり、悪玉菌はアンモニアやインドール、フェノールのような有毒ガスを生産します。また、この有毒ガスの影響により胃の消化機能が低下するため、消化不良にもつながります。これらが口臭の原因になります。


腸内フローラについて詳しく書いた記事がこちらになります。

www.moneykinskywalker.jp

 

栄養不足によるケトン体発生

栄養(糖質)がしっかり摂れていれば、糖が代謝されてエネルギーを得ることができます。しかし、糖が足りなかった場合、体は脂肪を分解してエネルギーを得ようとします。この時に発生するのがケトン体です。以下の図をご覧ください

 

f:id:tokiotokonanawariG1:20190924162955p:plain

 

栄養不足により糖が足りなかったとき、脂肪がアセチルCoAまで分解され、このアセチルCoAがTCAサイクルで利用されてエネルギーを産出します。この時、脂肪の分解反応は肝臓で起こるのですが、TCAサイクルは肝臓以外の体のあらゆる臓器で起こります。

 

そのため、肝臓のアセチルCoAは全身に運ばれなければなりません。しかし、アセチルCoAのままだと全身に運搬ができません。そこで、ケトン体という形をとって運搬をします。

 

このようにケトン体はかなり役立つ働きをしてくれる物質なのですが、なんといっても臭い...。においは酸っぱい嫌なにおいです。

 

 

 栄養不足時はこの臭いケトン体が体中を巡り、さらには口臭として体外に放出されます。これが口臭の原因になります。

 

長時間何も口にしなかったときなど、口の中から酸っぱいにおいがしますよね。あれは栄養不足によるケトン体発生が原因ですので、糖質制限や絶食などをしていると、体臭や口臭まで臭くなってしまいます。

 

糖質制限をした時の代謝反応と体への影響は以下の記事で詳細に触れています。

www.moneykinskywalker.jp

 

≪口以外由来の口臭の対策≫

上記のように、口以外由来の口臭は、代謝機能やバランスなどが原因であるケースが多いです。そのため、一朝一夕に改善することはできません。日々の健康への積み重ねでしか、改善することができません。対策としては以下です。

 

・食事は一日三食しっかり摂る

・栄養バランスを考えた食事にする

・発酵食品(ヨーグルトや納豆など)を摂取して腸内環境を整える

・水分をしっかり摂取して唾液量を増やす